Python

Python - PythonからMatlabを動かす

References Python からの MATLAB の呼び出し - MATLAB & Simulink - MathWorks 日本

ファイル作成日をつけたファイル名に変更.

サンプルコード import os from datetime import datetime from glob import glob def get_dateStr(path: str, system_type='unix'): # pathからファイル作成日をyymmddの形式で返す。 if system_type=='unix': c_timestamp = os.stat(path).st_birthtime el…

ファイル作成日を取得する。

注意点 WindowsとUnix (Mac, Linux)でやり方が違う。 Windows os.path.getctime(path)でtimestampを取得。 Unix os.stat(path).st_birthtimeでtimestampを取得。 サンプルコード import os from datetime import datetime def get_dateStr(path: str, system…

チートシート

Matplotlib PDF link matplotlib.org

Python - re.sub()でタグの変換

マッチするグループを\1, \2 ...のように指定する。と、たとえば、$y = ax + b$の$タグのみ変更できる。 gist.github.com

Python テキストファイル読み込み

pythonでtext ファイルを行ごとに読み込んで内容をリストにする。 textファイルを読み込んで、行ごとのリストにする。

プログラミング・数学 入門集

数学×Pythonプログラミング入門 ― 中学・高校数学で学ぶatmarkit.itmedia.co.jp

Matplotlib - グラフのレイヤー順の調整

グラフの引数にzorder=<int>で指定する。 <int>の番号が小さい方が背景側。数字が大きい方が前面に出てくる。 References Zorder Demo — Matplotlib 3.5.2 documentation</int></int>

Numpy - 直線回帰

xとyの直線回帰 Numpyを使った線形回帰 メモ a: 傾き b: 切片 上記のfunctionでは返されないが、残差の合計もlinalg.lstsqの返り値で取り出すことも可能 References numpy.linalg.lstsq — NumPy v1.22 Manual

Numpy - 最初に閾値を超える位置を探す

arrのうち最初にthresholdを超えるindexを得たいときは、 np.argmax(arr > threshold)を使う。 最初に閾値を超える値のindexを求める

Matplotlib - グラフの指定領域を塗りつぶす

gist.github.com python.atelierkobato.com

Numpy - 移動平均の計算

numpy.convolveを使う。 num_mean = 5 test_arr = np.arange(20) result = np.convolve(test_arr, np.ones(num_mean)*num_mean, mode='valid') References numpy.convolve — NumPy v1.22 Manual

Python パッケージ管理技術まとめ

www.yunabe.jp

Matplotlib - textの位置をグラフ内の相対位置で配置

textをグラフ内の相対位置で配置するときの方法。 デフォルトでは、グラフのx, y軸の値で指定するが、データによって範囲が違うのでうまく位置を合わせられないことがある。 # 右上の相対位置、横軸方向の0.7, 縦軸方向の0.8に ax.text(0.8, 0.8, '右上', tr…

Matplotlib - カラーバーの表示の仕方

以下の記事にsubplotでのcolorbarの表示方法。colorbarのラベルの付け方などが紹介されていた。 Reference helve-blog.com

Bokeh - 複数のグラフを連動

複数のグラフを並べてx軸やy軸の拡大・縮小を複数のグラフで連動させたいときは、 figureの設定で、従属させるグラフ(例えばp2)のx_rangeを基準のグラフ(例えばp1)のx_range、p1.x_rangeにする。 p2 = figure(x_range=p1.x_range) References www.sambaiz.…

Bokeh - ドキュメント集

Bokeh Documentation First Step Guide docs.bokeh.org Styling よく参照しそう。 Styling visual attributes — Bokeh 2.4.2 Documentation 基本的な使用法説明サイト(東大) ▲Bokehライブラリ — Pythonプログラミング入門 documentation

[VScode] Python Docstring Generator

Python Docstring Generator References dev.classmethod.jp

[sklearn] LabelEncoderの使い方

文字列のラベルを数値に変換する時に使う。 以下に丁寧に記載されているのでこれを参考に。 gotutiyan.hatenablog.com Sklearn documentationはこちら。 scikit-learn.org

Jupyter notebookをブログに貼り付ける方法

Jupyter notebookをブログに貼り付けたいときの方法。 GitHubのGistを利用する。 References JupyterをGistで共有する。ブログに貼れるぞ。 - ましろのログ Jupyter Notebookをはてなブログに貼り付ける方法 - akatak blog

kaggleでスクリプトをnotebookで使う方法

kaggleでスクリプトで書いた処理をnotebookで実行させたい場合のメモ。 スクリプトを書く kaggleの"Code"で Scriptを書いて、"File"メニュー > "Set as utility script"にチェック notebookから登録する "File"メニュー > "Add utility script"をクリックし…

正規表現まとめ(Python)

正規表現のまとめ(Python) Automate Boring Stuff with Python, Chapter 7: Pattern Matching with Regular Expressions.の内容をメモ。 全般 reモジュールをimportして使う。re.compile()でregex objectを作成して, これをsearch()メソッドやfindall() メソ…