Markdown - 目次の作成方法

vscodeMarkdown All in Oneを使用

Markdown All in One

見出しの作成方法

コマンドパレットからMarkdown All in One: Create Table of Contentsで見出し作成

更新

  • 編集後、保存すると見出しも更新される。

セクション番号の追加/削除

コマンドパレット -> Markdown All in One: Add/Update section numbers

見出しにするレベルの設定

toc.levels settingを使うらしい。

特定の見出しを目次から除外

<!-- omit in toc -->を使う。

# 例
## Table of Contents <!-- omit in toc -->

References

tmux - 基本

よく使うコマンド

コマンド 説明
tmux new -s <session_name> 名前をつけてセッションを開始
tmux a 中断していたセッションに戻る
tmux a -t <session_name> 中断していた名前つき(番号も可)セッションに戻る
Ctrl-b + d セッションを一時的中断
tmux list-sessions セッションの一覧を表示
tmux kill-session -t <session_name> 指定したセッションを終了

References

pandoc - 使用例

Markdown -> html

Markdownファイルをhtmlに変換する

pandoc test.md -f markdown -t html -o test.html

Latexを含むMarkdownファイルをhtmlに変換する。

pandoc test.md --standalone --mathjax -f markdown -t html -o test.html

--mathjaxのhtmlが必要になるから、--standaloneのオプションも必要になる。 出力されるhtmlの書式を変更したい場合は、テンプレートファイルの使用などを考える

Markdown -> docx

pandoc test.md -f markdown -t docx -o test.docx

References

コマンドプロンプト - エンコードの変更

コマンドプロンプトエンコードがデフォルトではshift-jisなので文字化けがある場合はutf-8に変更する。

chcp 65001
rem エンコードをutf-8に変更する
chcp 65001

rem shift_jis (default) identifier: 932

python - 現在時刻を表示

現在時刻の表示

例:1

from datetime import datetime

str_time = datetime.strftime(datetime.now(), "%Y-%m-%d %H%M%S.%f")
print(str_time)

この書き方で現在時刻をμs単位まで表示。

例:2

以下の例では日付をYYMMDDの形式で表示

from datetime import datetime

str_time = datetime.strftime(datetime.now(), "%y%m%d")
print(str_time)

git - 日本語ファイル名の文字化け

git 日本語ファイル名の文字化け対応

git statusなどで表示される日本語のファイル名が文字化けすることが多いが、以下の通り.gitconfigの設定を変更すれば良い。

~/.gitconfigを編集して、 quotepathをfalse に設定する。

[core]
<...> 
quotepath = false

References

pubmed - 検索式の作り方

基本事項

検索語

  • 連続する語はダブルクォーテーションで囲むこと(例:ion channel -> "ion channel")
  • 検索後にタグをつける

検索語のタグ

  • “heart failure”[Title]: タイトルに"heart failure"が含まれる
  • “heart failure”[Majr]: 論文の中心的主題とタグづけされているかどうかを指定。MeSH termである必要があるので注意。(MeSH search)
  • “heart failure/therapy”[Majr]: 検索語で/therapyと加えることで治療に関連したものを限定

タグの種類

  • [ta]: journal。雑誌名のデータはNLM catalogにまとめられている。

その他

  • MeSH 語はそのまま使用するとsubheadingの語も検索する仕様になっているexplosion feature。無効にする場合は[mh:noexp]などとする。

よく使えそうな検索式パターン

Journal名で検索

  • 例: 臨床4大誌+コクランレビュー
AND ("JAMA"[ta] OR "BMJ"[ta] OR "N Engl J Med"[ta] OR "Lancet"[ta] OR "Cochrane Database Syst Rev"[ta])

References

PowerShell - 基本

Powershellの起動

  • mac osのターミナルなどでpwsh で起動。

新しいファイルを作成する

文字代入による空ファイル作成

>を使って作成

PS> "" > item.txt

# >>で追加もできる。
PS> "新しいファイル" > test.txt
PS> cat test.txt
新しいファイル
PS> "新しい行を追加" >> test.txt
PS> cat test.txt
新しいファイル
新しい行を追加

New-Item を使う

PS> New-Item -Path item.txt

10個のファイルを作成する

PS> 1..10 | ForEach-Object{"" > item$_.txt}

または、New-Item を使うと

PS> 1..10 | ForEach-Object{New-Item -Path item$_.txt}

ファイル名を変更する

PS> Rename-Item -Path item.txt -NewName file.txt

複数のファイルを一括して変更する

item*.txtという複数のファイルをfile*.txtにファイル名を一括して変更する。

Get-ChildItem ./item*.txt -File | ForEach-Object{Rename-Item -Path $_ -NewName $_.Name.Replace("item","file")}

Get-ChildItemの出力をCSVファイルで出力

Get-ChildItemの出力からName, DirectoryName, Lengthoutput.csvとして出力する。

Get-ChildItem | Select-Object Name, DirectoryName,Length | Export-Csv -Path output.csv

Import-Csvcsvファイルを読み込み、Measure-Objectでデータの件数や、平均、合計、max, minなどを返す。

Import-Csv ./output.csv | Measure-Object